科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科肺病科详细

肺疾患科は本院の比較的早い漢方内科二級専科であり、2013年に陝西省中医薬管理局に指定され、省級重点専科と評価された。現在、専門外来、専門外来治療室、入院病棟、漢方総合治療室及び機能検査室、気管支鏡検査室がある。病区は34床を設置し、42床を開放できる。学科において白丽君汉方主任医、現中華医薬学会を務めた肺系病支会の第1期委員、陝西省医薬学会第1回呼吸病専門委員会副主任委員は、陝西省医薬学会第5回内科の専門委員は、西安医学会の医療事故鑑定专家库技術メンバー。学術継承者は第三回全国名老中医黄保中学術経任者、臨床大学院生劉素香主任医師及び付大海主任医師である。肺疾患科の現有医療人員は22人であり、その中に医師は9人(1人は帰任)であり、高級職は5人であり、修士大学院生は4人であり、臨床大学院生は2人であり、国家級名の老中医の継承者は1人である。看護師14名,看護師2名を管理している。

科ははちじゅう年代末、省内の先で「夏冬病治」のツボを貼った敷療法、慢性呼吸器疾患の予防や治療に、世代を経て、だんだん臨床効能が高まり、1992年に「漢方薬ツボ贴敷焼き蒸し加赤外線慢性呼吸器疾患を予防する」の临床研究は、西安市保健業務システムの新技術部門を受赏。「冬病夏治」の穴位貼り付けによる慢性呼吸器疾患の治療の研究に基づいて、漢方医学の「内病外治」、「子午流注」と「冬病冬防」の理論に基づいて、近年「冬病冬防」の穴位貼り付けの治療方法を展開し、呼吸器疾患の診断と治療効果を著しく向上させた。

科室のサービス能力は年々増加し、2011年の外来診察量は約15093人、退院患者420人であった。2012年の外来診察量は約15973人で、退院患者は578人であった。2013年の外来診療件数は約16436人で、退院患者は603人、本市以外の入院患者は20%以上に達する。外来では医薬治療率が98%以上である。現在、院内で広く使用されている自製薬は止咳化痰口服液、清熱化痰口服液、咳喘固本カプセル、清喉利咽顆粒などがある。臨床治療効果が顕著である。

漢方医の総合治療室は中周波治療器、漢方薬イオン導入器、超音波治療器、赤色光治療器、漢方薬霧化治療器、泡洗設備、漢方薬浣腸設備、火缶などの漢方医の治療設備を有し、漢方薬の薬液外用プラスイオン導入と漢方薬の内服による肺間質繊維化の治療を展開した。自体血穴位注射治療気管支喘息;漢方薬、咳止め、咽頭炎、経穴貼付、漢方薬内服、咳、急性慢性咽頭炎などを治療する。

機能検査室にはドイツのイェーガー肺機能計、雷度血液ガス分析器がある。同時に、米国wolkang BiPAP呼吸器1台、ドイツのデルガー呼吸器1台、無侵襲多機能バイタルサインモニターなどの医療設備があり、気管支鏡検査室はすでに準備が整っており、間もなく診察を開始する。近年、著者の省の中医学界に率先して気管支刺激試験を展開した。急性慢性気管、気管支炎、咽頭炎、肺気腫、肺性心疾患、急性慢性心不全、喘息、肺炎、胸膜炎、胸腔液体貯留、気管支拡張、肺間質繊維化、呼吸不全及び合併症、肺腫瘍などの多種の呼吸器疾患の治療に優れている。

肺機能検査の意義と適応症

肺機能検査は専門の医療設備を通じて人体の呼吸時の呼吸器から発生する気流の速度と流量を検査し、呼吸機能が正常かどうかを調べる検査技術である。物理的な検査法で、身体には何の損傷も苦痛もない。肺機能検査は感度が高く、重複検査が便利で、患者が受け入れやすいなどの利点がある。肺の通気機能に影響を及ぼす可能性のある疾患はすべて肺機能検査を行うべきである。喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫)、気道異物吸入、気管支炎、肺炎、胸膜炎など呼吸器系によく見られる疾患の診断と鑑別診断は更に重要な価値がある。世界保健機関が制定した「慢性閉塞性肺疾患の予防と治療に関する全世界的提案(GOLD)」の中で、慢性閉塞性肺疾患の患者一人一人の肺機能の測定を図るべきであることを強調した。老年性喘息あるいは慢性閉塞性肺疾患と喘息が合併して存在する時、臨床表現は普通の慢性閉塞性肺疾患と類似し、肺機能検査は主要な鑑別診断方法である。胸部x線、CTなどの検査と比べ、肺機能検査は肺の機能性変化を理解することに重点があり、呼吸器疾患の重要な検査手段である。

肺機能検査は呼吸器疾患の重要な検査手段の一つであり、反復上気道感染者に対して;喫煙歴と長期咳があります;早期に肺、気道病変を検出し、慢性気管支炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、喘息の定期的な再検査;肺疾患の重症度と予後を評価し、薬物や他の治療方法の治療効果を評価し、呼吸困難の原因を同定し、病変部位の診断、肺機能の手術に対する耐性や労働強度耐性の評価、重篤患者への監護などの面で重要な指導的意義がある。

当病院の肺疾患科は肺機能検査を始めてから数十年、豊富な臨床経験がある。現在、肺通気機能検査、気管支拡張試験、気管支刺激試験など多くの検査を行うことができる。

連絡先:029-89626833