科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科老年医学详细

老年病科は1980年に設立され、33枚のベッドを開放し、18室の個室病室を設け、学科のリーダーは郭漢林主任医師である。全科の医療スタッフは26人、その中に高級職は4人、中級職は8人、国家級名の老漢方医学の継承者は2人、大学院生は5人、科室は動態心電図計、動態血圧モニター、ベッド側多機能心電モニター、TRM多機能前立腺治療器、多機能艾灸器などの器具を持っている。自家製漢方薬はオウギ当帰精口服液、爽列通顆粒、腎蘇生口服液がある。

科室の技術力は十分で、漢方医の特色は突出し、診療範囲は広範で、人員の業務能力は全面的である。結合老人の生理の特徴は、余りの治療で、西洋の特色を展開し、例えばツボ贴敷、ツボ注射、溻渍、漢方薬直流イオン导入、風呂、くさり、拔火罐、あるクダン(灸蒸し、直腸肛門地上リハビリ治療、脳血管の疾患や腫瘍介入療法など。漢方医学と西洋医学の結合方法による老人のよく見られる病気、多発病と難病を治療する。同時に、老幹部の診察を受けやすいため、当科外来では老幹部の特別診察があり、受付から処方審査まで、ワンストップサービスを提供する。

主要業務の範囲、なり、る、急いで、慢性报价全、高血圧の病につながりやすいとされ、周囲の血管、脳梗塞、脑供血不足、老年痴呆、慢性気管支炎や肺気腫、老人性肺炎、機能性消化不良、便秘、前立腺新生症、糖尿病、骨粗しょう症や高尿酸血症、痛風、不眠老人多臓器不全や各種の腫瘍内科難病など。

住所:西安市鳳城八路69号

外来:外来3階Bブロック東

連絡先:029-89626532