科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科脳症第2病棟详细

西安市漢方病院脳病科一病区は国家級漢方医学重点専門、国家漢方医薬管理局「十一五」重点専門建設単位、陝西省漢方医学重点専門、西安市漢方医学重点専門である。学科の建設の歴史は悠久で、全国の有名な漢方医学、陝西省の有名な漢方医学の王静怡教授の指導の下で、ずっと漢方医学の脳疾患を主要な研究方向としている。

科室は現在病床40床、医療スタッフ28人、その中に高級職5人、中級職5人、初級職18人、全国名の老中医薬専門家1人、その学術経験伝承者2人、省市突出貢献専門家2人である。著者科は陝西中医学院脳疾患専門修士研究生の養成単位であり、指導教官は3人、前後して修士研究生20人を養成した。コアジャーナルには計50数編の論文が発表され、専門書2部が出版された。研究省、市レベルの科学研究課題7項目、部レベル、省レベルの科学技術成果と奨励を獲得したのは4項目であった。学科の研究方向は明確であり、漢方医学の特徴は優れており、教学、科学研究、臨床の全体レベルは高く、総合的な実力は比較的に強く、西北地区乃至全国に一定の輻射能力がある。病院は学科の建設作業を重視し、科学管理を強化し、学科の発展に良好な医療、科学研究、教授条件を提供した。

弥助が学術において王静怡王晓燕教授の指導の下で、我々は汉方脳症理論の研究では、早くは1992年、「痰濡れ挟んだらけ」を提示した、脳卒中、めまいのある程度の要素であり、病理の産物であり、重視の発病で「痰」、「だらけ」相互作用ソンアクサン)たん方を最高に国際で初めて運用先進の核医学の手段であり、「痰濡れだらけに挟まれ証」を確認した脳血管の病気で重要な地位を、およびソンアクサン)たん方薬「鎮眩飲」の抗臍帯血、抗神経細胞損傷の役割を確認し、そのより単なる単薬、したがって、脳卒中、眩暈の研究中に「欝証」を重視し、活血化鬱薬は治療中に天下を統一し、相対的に「欝湿証」を無視し、「痰鬱同源」の理論を無視し、去痰、除湿類の漢方薬の開発の局面を軽視し、脳卒中、眩暈の研究、治療に有効な道を開いた。製剤改革を通じて、我々は鎮眩飲鎮眩通络カプセルの土台の上で开発して受理国家食品薬品监督管理局の薬品の審査を経て、6剤の薬品类を国家漢方薬新薬临床研究批件、すでに譲渡に成功し、すでにii期臨床研究段階に入った。著者の診療科は初歩的な臨床小サンプルの観察検証を完成した上で、現代科学技術の手段を借りて実験研究を行い、これによってこれらの病症の本質と特徴を掲示し、その理論研究を完備した。そして大口の病例を通じて、証候の特徴を総括し、実験結果と結合して正確で、比較的に完備で、操作性の比較的に強い治法と薬品使用方案を制定し、順次漢方医学の脳症の病証をシステム化、規範化する。

科室は「漢方医学の特色を強調する」を基点に、安定的な専門の発展方向を堅持し、脳卒中、頭痛、眩暈、不眠の4つの優勢な病種を形成し、漢方医学の優勢が際立って、治療方法が多様で、臨床の治療効果が肯定的である優勢な病種の診療方案を確立した。三年近く臨床効果評価を通じて、従来脳卒中难点分析などの最適化続け、头痛、めまい、寐ない臨床診療案のほかに、まだまとめ、脳卒中後、郁病を制定して、震えの、脳の病気の臨床診療案、相応の効能を構築した評価、难点分析および最適化体系、積極参加国脳症短大、臍帯血の脳卒中や出血脳卒中の汉方臨床研究経路、「未病治」を理論の応用于中风病予防の一、二を形成した臨床効能がいい、漢方医師の特色を鮮明の特色を診療する案を検討している。

研究作業も緊密に「臨床難題解決」という中心をめぐって、臨床効果の向上を目的に、坚持イノベーションと相続を結合させ、建設の「陝西省人老汉方スタジオ」を通じて、完全存続重大脳症老医学科の人、証貴重な資料によると、監視システムの学術的思想を整理およびイムジンガク証、経験とともに深く汉方脳症理論を発掘し、臨床評価、実験研究を3年近く負担国家、省部厅局研究課題の3項目、2項受賞。数十年の医、教、研の中で一つの構造合理、専門技術が強すぎ、団結と協力性の強い学術団体を育成した。この3年間で21名の修士課程院生を養成し、3名の教員を採用した。学科の研究方向は安定しており、漢方医学の特色は際立っており、臨床、科学研究、教学の全体レベルは高く、総合実力は比較的に強く、西北地区では一定の輻射影響力がある。

私の科の得意は以下の疾病治療、脳死と脳出血(急性期、回復、後遺症期)、めまいや头痛、面神经炎、三叉神経痛、運動神経病、グリーン・パーリ、パーキンソン病/症候群、ジャニーズオーディション、小脳萎縮、てんかんや睡眠障害、抑郁性神経症、焦り性神経症、強迫神経症糖尿病、高血圧、なり、神経システム病変、運動神経病。

029-89626529に連絡します。