科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科脳症科详细

西安市漢方医病院神経内科(脳病科)は国家級漢方医重点専門科、陝西省漢方医重点学科であり、「全国全性性看護優秀科室」、「陝西省青年文明号」などの栄誉称号を獲得した。科室は専門外来と一般外来、二つの病区、睡眠センター、眩暈センター、シリーズ神経機能検査室、漢方特色療法治療室と神経機能回復室があり、開放病床は120床である。ベッドの8枚の搭載が神経の集中治療室(新設)、動画の眼に震電図機、高画質カラードップラー儀入と、睡眠ポリ非破壊検査、脳波や脳電地形機、臨床心理テストシリーズソフト、ダイナミック血圧保護監護儀、亜低温脳儀、漢方薬熏蒸設備、経絡導平装置、脳心装置、シリーズ神経機能儀、多目的リハビリ神経リハビリ装置、熟成蜡疗儀、神経ネットワーク再建装置、脳の循環装置+磁疗などの機器。部课内王晓燕副院長、坚主任を学術学科において、吕富荣(一病区主任)、杨琳(二病区主任)両副主任及び他のスタッフは計60人、そのうち大学院生メンター2人、高級職級9人、中級肩書き10人、初級肩書き27人、博士の2人は、修士10人だった。コアジャーナルに論文60数編を発表し、専門書2部を出版した。研究省、市レベルの科学研究課題は6項目あり、部レベル、省レベルの科学技術成果と奨励は4項目ある。

脳卒中、眩暈、神経症(不眠、抑うつなど)、頭痛、顔面麻痺、不全症、癲癇病、細動症などの神経系によく見られる病気、多発病及び難病の治療に優れている。去痰化鬱、益気通絡方薬、鍼灸、誘導結合現代PT、OT作業療法、脳卒中運動再学習など、早期、急性期、回復期に分けて脳卒中患者の神経機能障害に対する治療を行う。平肝消風、去痰通絡定眩、内外治結合による眩暈を治療する。扶陽補腎、疎肝清心などの方法で不眠症、抑うつなどの神経症を治療する。なつめが安カプセル院内剤など12種、短大は漢方薬を薫に洗い、漢方薬イオン导入、漢方薬直腸滴、中药浴足、ツボ注射を埋め、ツボを貼っ敷、豆、つぼのマッサージ、针灸、拔火罐など特色療法、16種類は全治1軒が完全で形成し持続改善の特色を持った汉方、西医结合診療案、治療方法。満足な臨床効果を得て、陝西省乃至西北地区の広範な影響力を持つ神経内科になった。

外来:診察室1(エキスパート外来):029-89626292

診察室2(一般外来):029-89626305

病棟:一病棟:029−89626529

第二病区:029−89626855