科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科内分泌学详细

西安市漢方病院内分泌病科は1999年の設立、陝西省汉方は重点短大、部课内発足20年間、学科において、主任裴瑞霞科の案内で、一つの団結を創設した上、「エンデバー」、革新、優秀なチームは、先着した「陝西省労働先锋号」、「西安の労働竞争、バラ」、「西安市青年文明号」、「西安市漢方病院の文明のモデル部课内」などの栄誉称号。

科では,一般外来,専門外来,専門家外来,特需外来,全国名漢方高上林工作室伝承外来を開設し,病棟設置ベッド数は54床,実際の開放ベッド数は75床とした。科室には漢方医特色療法治療室、健康教育宣教室、全国名漢方医高上林学術経験伝承工作室、高氏内科流派伝承工作室、米氏流派工作室など漢方医特色の濃い臨床、教学、科学研究、伝承工作室がある。人材陆军合理的で、従来の医療スタッフは29人、裴瑞霞部课内の主任、副主任白小林看護王蓉、そのうち陝西省汉方、西安人汉方1人、大学院生メンター2人は、博士が1人、修士の8人が、人の老医学学術後継者7人が、高級職級7人、中級肩書き8人、初級肩書き14人。コアジャーナルに論文60数編、専門書13部を発表した。研究省、市レベルの科学研究課題10数項目を完成し、省、市レベルの科学技術成果と奨励5項目を獲得した。

部课内のベッドのそばの血糖が儀や検出専門ネットワークシステム、ダイナミック血糖モニタリングシステム、インスリンポンプ、血圧動きを検知器、にわたり監護儀足、holter动态心電図、糖尿病の診断箱糖尿病、糖尿装置、远赤外线の足を、ダイナミック胃肠电图儀、空気の圧力が地上波治療装備などの先進の治療専門検査装備。漢方薬の燻洗、漢方薬イオンの導入、漢方薬直腸滴入、つぼ注射、つぼ貼り、豆埋、針灸、火抜き缶などの漢方医学の特色ある治療を展開し、診療中に比較的に完全かつ持続的に改善した特徴ある漢方医学と漢方医学の結合診療方案を形成し、満足な臨床効果を得た。また、専門の糖尿病看護士は定期的に糖尿病患者に健康教育を行い、運動治療を展開し、患者が糖尿病の予防と治療、監視測定などの関連知識を把握する。

診療範囲:

内分泌系疾患:糖尿病・各種合併症,甲状腺疾患,副腎疾患,視床下部疾患,更年期症候群,骨粗鬆症,痛風・高尿酸血症,思春期異常,高脂血症,脂肪肝,肥満症,にきび,肝斑など。

特徴的な利点:

高1、我々の相続人全国汉方で林主任医の「法」と思想を結合消渴病阴虚は今、食べものは標的病机特徴、法医学、知識の病、治を提示した人が「花岗岩」の指導思想と糖尿病の「四連療法」、医薬の特色を十分に優位を患者に対することは法医学ガバナンス、運用漢方薬汤剂慢性合併症と院内臨床ありふれた糖尿病治療剤、糖尿病、腎臓病、糖尿病のように周囲の神経病、糖尿胃腸病、糖尿病の下肢病変血管など、患者の临床症状の改善と関連指標を有効に退治の合併症が発展し、比較的満足な治療効果を得て、患者の称賛を得た。

2、糖尿病治療器と漢方医学の経絡学説を結合し、弁証的に糖尿病の多種の慢性合併症を治療する。

3、3 c療法は糖尿病のコントロールを強化する。

4、針刺、火抜き缶、穴位貼り、耳穴埋豆は糖尿病慢性合併症を治療する。

5、院内製剤丹心降糖通脈カプセルによる糖尿病腎症、糖尿病周囲血管病変、末梢神経病変などを治療する。

6、院内製剤「静心更年片」による閉経期前後の治療。

7、院内製剤の養陰平甲片による甲状腺機能亢進の治療を行った。

8、院内製剤銀花痛風顆粒による高尿酸血症を治療し、外用消腫止痛膏と連合して急性痛風発作を治療した。

外来:外来棟3階B棟東側、電話029-89626290

病棟:総合棟,電話029−89626388