科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科皮膚科详细

西安市漢方病院皮膚科の設立は1979年、現職科主任吴卫平主任医の漢方医学の学会、中国は中国の中華医学会の皮肤病の分会委員、漢方皮膚美容分会委員、外治分会常務、陝西医学の美学分会委員、肌の分会中西医学会副公司、部课内の既存の主任の医師4人、副主任医が1人、主治医の4人、副主任看护师2人、看護士1人だった。

科室は現代と伝統理念を結合した漢方医薬の治療方法を特色とし、各種の外治方法、レーザー技術と手術を結合し、皮膚病、脱毛、皮膚美容、末梢血管病、皮膚慢性潰瘍などの方面の診療において、独特な治療効果と作用がある。科学室の専門技術の優位性は以下の面で優れている:

1、皮膚病学:現代皮膚病学の診断技術と漢方医の臓腑経絡、弁証施治、内外結合の総合治療技術を運用して、各種の皮膚炎、湿疹、慢性蕁麻疹、神経性皮膚炎、真菌症、丹毒、帯状疱疹、扁平疣などの治療に対して独特な治療効果がある。特に、難治性皮膚病、例えば乾癬、強皮症などの診断と治療に対して比較的豊富な経験と比較的に良い治療効果がある。

2、皮膚慢性潰瘍:20年来科室は豊富な皮膚潰瘍の診断と治療の技術経験を蓄積し、特に術後傷口が癒合しない、脈管炎下肢静脈怒張性潰瘍、せつ、癰などの感染性皮膚病に顕著な治療効果がある。

3、末梢血管病:漢方と西洋医学の結合による静脈血栓、深浅静脈炎、静脈血栓、血栓閉塞性血管炎、肢体動脈硬化閉塞症など末梢血管病の治療効果は顕著であり、知名度が高い。

4、皮膚美容専門:漢方医薬「三連」法を用いて、各種類のにきび(にきび)及び関連性皮膚病を治療し、臨床の治療効果は優れている。中医薬内外の技術を用いて、斑点を治療し、そばかす、白斑、いぼ痣、毛細血管拡張(赤血球)、汗管腫、脱毛、脱毛、皮膚と毛髪の抗老衰養生、しわの除去などの皮膚美容業務は日々発展している。

5、その他の皮膚疾患。

皮膚科の全同僚は協力を団結し、実務を求め、革新を開拓し、誠意を尽くし、尽くした職業精神を社会に奉仕した。

科の問い合わせ電話:

科室問い合わせ:029-89626303

科主任問い合わせ電話:13379282930

科外来の時間:

呉衛平主任医師:火曜日の午後、木曜日の午前、金曜日の午前、日曜日の午前(電話予約)

田潤安主任医師:月曜日の午前、水曜日の終日、金曜日の午後

王亮莉主任医師:金曜日の午前

盧暁副主任医師:月曜日、火曜日の午前、木曜日の一日

景慧玲主治医:土曜日の午後

侯新安主治医:月曜日の午前、水曜日の午後、金曜日の午後、火曜日の午後

主治医:月曜日の午後、水曜日の午前、金曜日の午前、日曜日の午後

**外来時間は病院の最新更新に準ずる。