科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科手術室麻酔科详细

西安市漢方病院手術室麻酔科は20世紀50年代に設立されて以来、50年以上の歴史を持つ。数世代の努力を経て,現在は医・教・研一体の科室に発展した。

科学室の技術力は客観的であり、現在医療関係者は20名、その中に副主任医師は2名、主治医は2名、管理看護師は3名、看護師は4名である。

現在の手術室は2004年5月にオープンした,国際化・標準化されたクリーンな手術室である。科には現在,米国から輸入されているDatex−Ohmeda麻酔器3台,よじ安7400麻酔器1台,Datex−OhmedaS/5多変数麻酔モニター1台,マイリーPM9000多変数モニター4台,フィリップスペーシング除細動器(AED) 1台,C型アームx線器1台,および輸入多機能手術床,無影灯,電気メスシステムなどがある。通常のモニタリング以外に、呼気終末二酸化炭素のモニタリング、筋弛緩のモニタリング、体温のモニタリング、中心静脈圧のモニタリング、動脈圧のモニタリング、末梢神経刺激器などの多数の特殊項目のモニタリングを行った。手術室麻酔科の設備条件は省市級病院の中でトップクラスであり,手術麻酔の安全に良好な条件を提供している。

科室で一般的に行われている手術は脊柱外科手術、肛門腸外科手術、一般外科手術、整形外科手術、婦人科手術、眼科手術、内視鏡外科手術などである。

手術室は全体看護を実施し、術前訪問、術中看護及び術後看護などの全方位一流看護サービスを提供する。クリーン手術室は標準化し、標準化管理した。

麻酔科は通常に硬膜外と静脈の術後鎮痛を展開し、通常に無痛人工の流れを展開し、無痛内視鏡の診療を行い、患者の苦痛を解除し、深く歓迎されている。

当院手術室麻酔科スタッフ一同は,優れた技術と情熱をもって,多くの患者に満足な医療サービスを提供していきたい。

連絡先:029-89626212