科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科小児科详细

西安市漢方医病院の創立初期小児科も同時に創立され、今まですでに60年余りの歴史がある。何代の漢方医の共同の努力を経て、現在陝西地区の漢方医の特色が鮮明で、治療方法が多様な漢方医優勢専門科に発展した。同時に西洋医学のある疾病の方面における治療の優勢を参考し、利用し、漢方医学と西洋医学の結合治療方法を採用し、長補短を取って、臨床では非常に良い治療効果を得て、保護者と患児の賛同を得た。小児の服薬困難に対して、病院では何代かの古い漢方医学の経験処方を食味が良く、治療効果の良い漢方薬を作り、患児の服薬に便利である。例えば:五虎シロップ、去痰顆粒、清熱顆粒、鎮咳シロップ、平胃片、理脾片。現在著者科のスター制品となり、多くの患児の保護者は有名である。

小児の清気霊、回復傾向の生理病理特徴を結合する。著者科は積極的に漢方医学の外治法を展開した。例えば:中膏薬の穴位貼り付け、漢方薬の直腸点滴、瀉血療法、治療法を担ぐ、小児の脊椎を押す、耳穴豆を押す、経絡の頻脈、磁気熱療法などは、小児のよくある病気、難病の治療において、治療効果を高める、病気の経過を短縮し、抗生物質の使用率を減らす作用を果たした。小児喘息、反復性呼吸器感染。著者らは『黄帝内経』中の「治未病」の思想に基づき、「冬病夏治、冬病冬防」を積極的に展開した。

現在小児科で診察を受けるのはすべて臨床経験が豊富な漢方医学の専門家であり、彼女達の優れた医術と高尚な医徳は患者の十分な信頼を勝ち得て、各専門家は各自の専門性を持っている。当科のスタッフ全員は「患者を中心とし、医療の質を核心とする」という趣旨で、漢方医学の優位性を発揮すると同時に絶えず革新し、西洋医学の長所を取り入れ、中西結合の道を歩き、見事な医術、情熱的なサービス、誠心誠意患児のために奉仕する。

重点的な治療を以下に紹介する。

1.小児咳、扁桃腺炎、便秘、拒食、汗症、夜啼きなどの治療に、膏薬穴位貼り付け治療。

2.小児は脊腹をマッサージし、小児の拒食、下痢、便秘、夜啼き、小児の筋肉性斜頚と反復呼吸器感染を治療する。

3.経絡パイロット計による小児遺尿、腹痛、拒食、消化不良、脳性麻痺などの治療。

4.中国医学と西洋医学の結合による紫斑病、心筋炎、腎臓病、てんかん、小児肝症候群などを治療する。

5.中国医学と西洋医学の結合による麻疹、しょう紅熱、肝炎、手足口などの小児伝染病を治療する。

6.小児科疾患の相談及び健康相談を行い、微量元素の検査を行った。

7.外来で観察ベッドを設置し輸液療法、漢方薬浣腸を行う。

8.「冬病夏治、冬病冬防」を展開し、小児反復呼吸器感染、小児喘息、アレルギー性鼻炎、慢性下痢などの予防と治療を行う。

連絡先:029-89626331