科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科リウマチ学详细

西安市漢方病院リューマチ科は西医结合システム规范診断と治療の通風自己免疫疾患の短大、漢方医師の中心を続け、中西医補完、西医结合を発展方向を十分に歴代漢方治療リューマチの疾患診療の経験と西洋医规范リューマチの、特待生に対する各種の通風自己免疫疾患の診療がより正確に、より合理的で、より効果的。

治療範囲:

1.関節炎を主とするリューマチ性疾病:リューマチ関節炎、強直性脊椎炎、乾癬関節炎、血清陰性脊柱病、反応性関節炎、ライト症候群、未分化型関節炎、成人Still病、骨関節炎、骨粗鬆症、骨粗鬆症。

2 .体系的通風免疫病:体系のルプス、乾燥症候群/老年乾燥症、皮肌炎、多発性筋炎、硬皮病、白セ氏病/口内潰よう繰り返し、混合结缔组织病、未分化结缔组织病、重なる症候群、抗し症候群、でんぷん様が、繊維の筋肉痛症候群、リューマチの筋肉痛、繊維筋筋炎、筋膜炎、脂膜炎、风湿热、結節赤斑、システム血管炎や大動脈炎、結節性動脈筋炎、ヘドィック納肉芽腫、通風自己免疫疾患肺高圧のため、肺線維症間質性など。

3.過敏性反応性疾患:アレルギー性紫斑病、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患。

4.免疫機能低下、免疫欠陥性疾病:亜健康状態、産後の風湿痛、免疫力低下、先天性或いは獲得性免疫欠陥。

診療科目:

1.漢方医学の伝統的な治療(漢方薬、鍼灸、火缶、漢方薬のつぼの貼り付け、流通イオンの導入、漢方薬のつぼの注射、漢方薬の薬液の貼り付けとイオンの導入、耳針、漢方薬の燻洗など)を採用し、個別化弁証施治を重視した。

2.中国医学と西洋医学の結合「五聯法」(健康教育、機能鍛錬、漢方薬を主とし、内外兼治、中西と璧)によるリウマチ免疫性疾病の治療効果は著しく、副作用は小さい。

3.西洋薬の減毒と効果増加の研究に力を入れる。リウマチ免疫性疾患患者に対して漢方薬を主に、漢方医学と西洋医学の結合、鍼灸、薬物の理学療法などの総合的な治療を行い、西洋医学(ホルモン、免疫抑制剤)の使用量を減らし、西洋医学の副作用を減らすのに理想的な効果がある。

4.本院で開発した木瓜丸、三烏丸などの多種の漢方薬は多種のリューマチ活動期を治療するのに良い効果があり、しかも副作用が少ない。

5.関節腔内注射、漢方薬の外治、処方調合などの治療項目を積極的に展開した。急性期活動期リウマチ患者の内外結合治療では症状緩和が早く,副作用が少ない。温鍼灸+走缶などの総合療法による強直性脊椎炎の治療効果は顕著である。

6.リウマチ免疫性疾患の治療は脾腎から着手し、脾臓固腎、健脾燥湿を調整し、人体内環境を改善し、人体の自己調節、自己リズム、自己組織システムを回復し、人体の免疫機能を高める。

外来住所:外来3階B区東

外来電話:029-89626293