科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科外傷および整形外科第1病棟の整形外科部門详细

技術的に更に精を出し、更に良い患者にサービスするため、当病院の骨損傷科の関節病区は病院の指導者の直接の配慮の下で正式に成立し、関節病区は骨関節疾病を治療する20数年の歴史があり、かつて多数の骨損傷科の有名な専門家が現れた。病区は現在主任医師1名、副主任医師2名、主治医1名、入院医師3名であり、各類の退行性骨関節疾患、創傷性骨関節症、滑膜炎、大腿骨頭壊死、肩関節周囲炎、拇指外転、リューマチ性関節炎、類リューマチ性関節炎、各類骨折、脱臼などの疾病の治療に得意である。特に、膝、寛骨、肩関節症の治療に独特な特徴があり、漢方医学と西洋医学の結合方法による骨折、脱臼を治療し、治療効果は顕著である。各種類の大腿骨頭壊死、骨髄炎を総合的に治療し、特徴がある。当診療科は西北地区に初めて開発した「関節を応援する」療法は広範な患者に福音をもたらした;著者は科学研究で製造した活絡止痛膏、滑膜膏、捻挫止痛膏などの外用膏薬は、治療効果が顕著で、省内外に広く知られている。著者の病気区は省市級の課題を多数引き受け、国家級と科学技術源の定期刊行物に学術論文を多数発表した。

西安市漢方病院整形外科関節病区は今すでに西北地区の唯一の「関節病治療スーパーマーケット」になり、患者に「漢方医の特色の保守療法」——「関節鏡手術と保守療法の結合」————「関節置換手術」の一貫した良質な医療サービスを享受させた。病区はすでに熟練に関節鏡低侵襲手術、全膝と全寛骨、半寛骨置換術、小切口外反矯正術、各類骨折切開復位内固定術を展開した。

科の特色:

1.漢方薬の燻洗方と関節鏡手術による膝関節骨性関節症の治療。

2.伝統製剤滑膜膏、808軟膏は各種類の滑膜炎、関節創傷を総合的に治療する。

3.伝統的なプレートと低侵襲技術を併用し、外転奇形を治療した。

4.漢方医は大腿骨頭壊死を保守的に総合的に治療する。

5。関節置換術。

6.手技と板挟み手技で四肢骨折を整復する。

7.各類の四肢骨折の切除内固定術。

外来問い合わせ:029-89629120

科外来の時間:

張満臣主任医師:水曜日の午前

夏均青主任医師:火曜日の午前、木曜日の一日

趙軍副主任医師:火曜日の午後

賀莉副主任医師:骨粗鬆外来