科紹介

お位置: トップページ 科紹介臨床科整形外科専門クリニック详细

本院骨傷科は70年代末に創立され、医療、教育、科学研究を一体化した科室であり、学科のリーダー、科主任の龔福太、科副主任の張満臣主任医師の指導の下で、団結、奮進、革新、向上の優れたチームを創立した。現在30床を設け、主任医師2名、副主任医師5名、修士大学院生2名、入院医師4名、看護師5名を管理する。病種滑膜炎、拇指外転、頚椎症、腰椎椎間板ヘルニア、肩周囲炎、大腿骨頭壊死、急、慢性骨髄炎、リューマチ性関節炎、類リューマチ性関節炎、強直性脊椎炎、各類骨折、脱臼などの疾病を治療する。特に頸肩腰腿痛の治療に独特な特徴があり、漢方医学と西洋医学の結合方法による骨折、脱臼を治療し、治療効果は顕著である。すでに関節鏡の熟練した低侵襲手術、小さな切り口小指外反母趾の矯正術、様々な四肢を骨折切りリセット内固定术、全膝と全臀部の置換術、大たい置換術、痛め腰の核を摘出し、腰に固定术、急性骨髄を開け減圧術、慢性骨髓炎病巣除去术など、そのうち「小指外反母趾矯正術」で、経済、傷が小さく、無痛み、回復が早く、术后ば歩いた様子、影響がない日常生活の特徴。

著者の病気区は骨粗鬆症の治療を大いに展開し、漢方医学と西洋医学の結合、内外の併用治療、八聯療法による骨粗鬆症の治療を行った。具体的方法:骨粗しょう装置、漢方薬を涂るだけ、靶点測位療法(靶点に薬物が直接輸送、迅速な骨の痛みを緩和、骨密度増加)、漢方薬熏蒸、直流治療、汉方薬を涂り、水针療法、西洋内治(骨の健康补充剂:基本钙片、ビタミンdを活性骨吸収阻害剤:双燐酸塩、カルシトニン、骨形成促進剤)。標本兼治、特徴鮮明、治療効果顕著、現在西北地区唯一の骨粗鬆症の漢方医学と西洋医学の結合治療センターになった。同時にくる病、骨形成不全、骨軟化病などの診断と治療を行った。

何代の名医が開発した多種の漢方薬、散、膏、丹は各種の痛み、褥瘡に対して独特な治療効果がある。特に、「滑膜膏」「捻挫止痛膏」(808傷薬膏)の外用による滑膜炎、各種類の骨折、脱臼、軟組織損傷を治療し、治療効果は非常に良い。

漢方医の特徴的な治療:漢方医の正骨、手法の整復、推拿、三次元牽引ベッドの牽引、漢方薬のくん蒸熱療法、鍼灸、小針刀、漢方薬のイオンの導入、マイクロ波、火の缶、軟膏などの特徴的な治療である。

科室問い合わせ:029-89629125

科主任問い合わせ電話:しばらくありません

科外来の時間:

趙穎林主任医師(副院長):

張満臣主任医師:

張斌副主任医師:

石耀武副主任医師:

キャリー副主任医師:

主治医:李延紅

外来時間は病院の最新更新に準ずる。