科紹介

お位置: トップページ 科紹介行政課看護部详细

西安市漢方病院看護学科は国家臨床重点専科、国家漢方医薬管理局「第十二五」重点専科であり、陝西省市級漢方病院の中で唯一の国家級看護学重点専科項目である。病院には看護ユニットが30個あり、看護婦の総数は636人、高級職は53人、看護修士院生の指導教官は2人、院生は13人、短大以上の看護婦は全体の看護婦の96%以上を占めている。全国第一回漢方医看護先進集団、全国漢方医病院の質的看護サービス先進単位、陝西省の質的看護サービス先進単位、陝西省の感働患者の健康な看護士、西安市の質的看護サービス先進単位、西安市の温文学の丘、西安五四青年褒章集団などの栄誉称号を受賞した。

専門の建設に焦点を当て,学科の発展を推し進める

当院看護学科は、2012年の国家医薬管理局が確定されて「十」重点短期大学の育成事業後、2013年に再びチョ・ヨンナム国家卫計画委員会が授与された国家臨床重点専門建設事業、重大看護学科の発展を成し遂げた飞跃に一回また一回、シンボルは最大限汉方看護学科に入学一急速発展の軌道に入った。数年来、各級の指導者の関心の支持の下で、病院は専門科の建設を機に、学科の発展の最前線に焦点を当て、大胆に実践し、鋭意革新し、絶えず看護学科の発展を推進し、優れた成績を得た。専門建設の中期評価と最終検査で、各級の指導者と専門家の十分な肯定と一致の評価を得た。

学科は発展しなければならず,科学研究は必ず先行する。近年、漢方医師のケアを重点的に専門建設をプラットフォームに臨床介護の仕事の需要を正道に優勢で病种汉方ケア案、汉方ケア特色革新技術は遅い病管理中の応用を主要研究の方向に積極的に提唱研究、革新浓厚学術雰囲気を深く専门の中身を発掘し、複数の臨床研究事業を展開し、介護研究から数であれの質が大きい突破したが、近年は申告し立省市级ケア研究課題を15項、参加課題の約20項目、编集长を出版皮肉ら3部、参编5部、研究成果は陝西省科学技術進歩三等賞1項、国家実用新型特許5項を獲得し、コアジャーナルに看護論文80数編を発表した。

人材育成を重視し、精鋭なチームを作る

長年、病院はエリート式看護チームの育成に力を入れてきた。中長期看護人材発展計画を制定し、「13331人材梯団」、「百人百日看護人材育成プロジェクト」をスタートし、全国漢方医学看護人材育成プロジェクトに看護幹部を選抜・派遣し、重篤症看護など8つの看護専門学グループを設立し、専門看護士の育成のために職業発展プラットフォームを構築した。全病院の看護人員システムは漢方医薬知識と技能職の教育を受ける割合は92%に達した。省、市の漢方医学看護技術コンテストに参加し、団体の一等賞を獲得し、個人の成績のトップ3を網羅した。病院ではこれまで「人を本とし、愛を第一とする」文化管理理念を提唱し、看護師長の列の中で「いい本を読む活動」を展開し、看護師の中で看護師の誕生日の礼、看護師の睡眠の日などを打ち出し、磁気的な看護を看護管理に導入し、細かいところから看護員一人一人を愛護する。数年の建設を経て、優れたサービス、優れた技術、合理的な看護人材を育成した。

品質安全を強化し、サービスの品質を向上させる

一つは看護の質と安全を邪険にすることである。品質と安全の精緻化管理を実施し、重点的に手術室、重症室、血液浄化などの重点部門及び輸血、薬品使用、ミッドナイトなどの弱点な環節に対する監視力を強化し、QCC、PDCAなどの管理ツールを運用して持続的に看護の質を改善する。漢方医学の特徴を有する看護検査、看護コンサルテーション及び難治病案の討論を展開し、漢方医学の看護品質の評価を積極的に展開し、全面的に看護不良事件の自主的奨励機序を推進し、看護安全の危険を萌芽状態に根絶する。

第二に、責任制全体の看護を着実に実施することである。「患者中心」のサービス理念を堅持し、全面的に責任制の全面的看護を実施し、漢方医学の特色を持つ健康教育とリハビリテーション指導を大々的に展開し、健康教育の普及率は100%で、知識率は95%以上に達した;積極的に探索し、適時に門(急)診察、手術室の優良な看護仕事を推進する;患者満足看護士の選出活動、看護患者のコミュニケーション技能コンテスト、暖かいサービスの漢方医での活動などを展開し、看護サービスの質を向上させた。5年連続の患者満足率は98.5%以上であった。

第三に、看護情報化を積極的に推進する。当病院の各看護ユニットにモバイル看護ステーションを導入し、PDAとバーコード技術を利用し、輸液検査、看護巡視、看護記録、患者治療などの入力情報化管理を実現した。看護管理システム、輸液システム、重症看護システムを構築し、サービスフローを最適化し、管理機能を高めた。

革新を伝承することに力を尽くし、特色ある優勢を発揮する

弁証施護と漢方医の特徴的な専門看護を積極的に展開し、漢方医の看護技術の臨床での革新的な応用を積極的に推進し、漢方医の看護の特徴的な技術は2012年の20数項の36万人から2016年には40数項の140万人まで増加し、患者の広範な称賛と一致の評価を得た。八段錦、健脳操などの漢方医の養生リハビリを積極的に展開し、不思議な漢方医の教室などの公開授業を実施することによって、民衆に漢方医の文化を体験し、同時に漢方医の慢性病管理における優位性を感じさせた。

全国漢方医看護方案協力組の組長の単位として、胃かん痛などの4つの優勢な病気の漢方医看護方案を制定し、現在すでに全国各級の漢方医病院で普遍的に応用している。国家漢方医薬管理局が発行した優勢な病気の漢方医学看護方案49種類を全面的に実施し、経路化方式で革新的に応用し、それを研究方向とする科学研究課題5項目を展開し、臨床効果が顕著であり、学術会議で何度も交流した。

学術交流を強化し、輻射の先導を発揮する

国内外の学術交流を大いに展開し、ここ数年来、第13回全国漢方医看護学術シンポジウムなどの養成班を成功的に10数期開催し、研修を受け、1000人余りの人を学習し、何度も看護専門家を組織して下郷指導を行い、全省各級の漢方医病院で全面的な模範を発揮し、リードと輻射の促進作用を発揮している。増大や国際間の切磋琢磨交流、韓国と慶煕(キョンヒ)大学の看護学部、長期の相互訪問を作ったと米国、英国、イタリアなど多国籍長期的交流協力関係を構築し、定期的に替わっケアの優秀な人材、対外学術交流の行事に、漢方病院を推进ケアに国際舞台での積極的な役割を果たした。

伏牛昂首志当遠、揚鞭自決蹄いらず。西安市漢方病院の介護はぐくみ続ける「徳誠、業の精、相続、イノベーション」の院訓、広い用の科学的管理、絶頂の技能との愛を良質のケアサービスを提供し、患者用の熱情とが革新の精神で塗りつぶし介護事業をさらに輝きを创生する。

看護部勤務制度

看護部は,業務副院長あるいは看護副院長のもとで,全院の看護業務を担当する職能管理部門である。

1、护理部主任の具体的の主宰の下で、坚持臨床介護の仕事を中心に、介護の質を高め、保証臨床ケア、教育、研究の仕事の完成です。

2、全病院の年度計画に基づき、看護計画と重点業務の配置を強化し、管理院長の承認を経て、定期的に執行状況を審査する。

3、常に科室と病区に深く入り、看護の仕事の質を堅持し、業務活動に参加と指導し、組織は大量の急診、危篤患者の救急看護仕事を調整する。外来診察、病区、救急診療科、手術室、供給室などの部門の管理を強化し、制度化、常規化、規範化させる。

4、各級の人員に職責の履行を促し、各項目の規則制度と技術操作の常規を真剣に執行し、各科の作業計画を検査と指導する。

5、定期的に支障分析会、適時に捜査のさまざまな支障が事故の原因を知り、部课内の共同研究と、分析、処理を真剣に経験を教訓。

6、組織、検査、病院全体の看護人員の業務訓練、技術審査、および研修、実習人員の学習、処理を担当し、真剣に経験と教訓を吸収する。

7、全病院の看護人員の医療と医療風の教育を担当し、思想、業務の上から絶えず、計画的に看護人員の素質を高めた。

8、当病院の看護人員の業務技術を熟知し、掌握し、学習と思想情況、看護人員の生活に関係する。院内の看護人員の調合を担当し、関係部門と上司に看護人員の昇進、調整、賞、懲罰の意見を提出した。

9、定期的に全病院の科の看護師長、看護師長の会議を開いて、総括して、仕事を配置して、そして定期的に看護師長を組織して互いに学び、経験を交流して、絶えず看護管理のレベルを高めて、看護の質を高める。

10、各科の看護師長が提出した看護用品の申告計画と使用情況を審査し、調整する。

看護学科のリーダー、寧亜利氏の紹介

寧亜利、主任看護師、西安市漢方病院の看護学科のリーダー、現職の国家重点専門看護学医薬管理局、十の育成事業者、国家臨床重点短期大学(汉方看護学)において、世界の医薬学会連合看病専門委員会常務理事、中華学会汉方医薬看病専門委員会副主任委員、陝西省ケア学会の常務委員兼汉方看病専門委員会主任委員、陝西省衛生高級専門技術資格審査審査副公司、西安ケア学会副理事長兼汉方看病専門委員会主任委員、西安ケア质控センター副主任、西安市医学会の医療事故鑑定委員会专家库メンバー。看護に従事して30年余り、豊富な臨床看護及び看護管理の経験があり、かつて国家、省、市級の学術刊行物に論文を10数編発表し、省市級の看護科学研究課題2項を主宰し、参加課題4項、コア定期刊行物に看護学術論文を10数編発表した;専門書2冊、専門書6冊を編集し、現在、陝西省中医薬管理局から全省中医学病院の看護士の工具書に指定されている。

看護部主任の蓋海雲

盖海云副主任看护师、陝西汉方学院のケア大学院生メンター、現職の西安市漢方病院护理部主任、国家臨床重点短期大学(汉方看護学)事業者、国家医薬管理局「十」重点専門看護学学術、後継者の育成事業兼任世界医薬学会連合会看病専門委員会中華医薬学会理事、看病専門委員、陝西省学会汉方医薬看病専門委員会副主任委員、陝西省ケア学会汉方看病専門委員会副主任委員、西安ケア学会の専門委員会副主任委員汉方ケア。介護の仕事を20年以上、臨床ケアや介護管理の豊富な経験を持つ、核心は、介護学術誌論文約10件、主宰省、市ケアの研究課題2項は、院内課題の1つ、参加5項課題、技術の進歩等の研究成果の陝西省の実用新型ケア、国家特許1項。