科紹介

お位置: トップページ 科紹介医療技術科放射線科详细

西安市の漢方医病院は人材が豊富で、医学、教育、研究を一体化した三級甲等病院、国家試験漢方医病院、陝西省漢方医学院西安付属病院、省市医療保険定点病院である。病院は陝西省漢方医学院、江西漢方医学院、広西漢方医学院などの高等医学院の教学病院であり、毎年定期的にこれらの大学の学生の実習を受け入れている。また、他の兄弟病院の勤務研修人員を受け入れ、県級及び以下の病院の医師訓練任務を担当し、陝西省中医薬人材の訓練基地でもある。

西安市漢方病院の画像科の前身は放射科であり、1955年に病院の創立に伴い創立し、57年の努力と絶えずの改良、革新を経て、画像科は長足の発展を得て、病院の現代化の大型医療設備の集中地であり、病院の重要な検査治療科室の一つである。2012年7月に画像科は市衛生局から医学画像専門入院医師標準化訓練基地として認可された。映像科の概要は以下の通り。

一、科室管理

科室は法律に基づいて『放射線診療許可証』、『大型設備配置許可証』を取り扱った。従業員は法律に基づいて仕事を執り、『執業医師証』、『放射人員工作証』、『大型医療設備の勤務証明書』などの各種の証明書を取得した。科室の各種の規則制度が確立し、各機械の操作規程が到着し、各種の応急対策案が完備し、検査の注意と診察の流れが目立った。科室は24時間開放し、報告書の書き方は規範であり、専門用語の運用は適切であり、診断は正確であり、適合率は高い。放射線防護施設は完備し、患者及び付き添い人の防護用品は完備し、各種の放射線設備は環評を完成し、資料は完全に保存した。『科室会議記録』、『難症例討論記録』、『フォローアップ記録』、『集閲記録』、『急患値報告記録』などの各種記録が完備している。患者の資料は完全で、映像資料は完全に保存している。各種設備を定期的に補修・保守・点検し,完備した記録がある。放射人員の健康記録を作成し、個人の放射分量の監視測定は規定の定期的に行い、監視測定の結果は完全に保存した。

二、人員構成

当科には現在15名の医療スタッフがおり、その中に主任医師1名、副主任医師1名、主治医3名、入院医師6名、管理看護師1名、技師2名、登録員1名、その中に本科8名、短大3名、専門3名、大学院生1名である。当科の技術力は比較的強く、人員の構造は合理的で、すべての医療関係者は専門大学を卒業し、映像学科の数年から数十年に従事し、仕事能力が強く、豊富な臨床経験と教育経験を有する。

三、設備構成

画像科は放射線科とCT室に分けられる。放射線科はGE社のデジタル写真撮影機(DR)、日本日立社のデジタル胃腸機、フランスの二重エネルギーX線骨密度測定器とイタリアの高エネルギー乳腺モリブデンの標的写真撮影機を持っている;CT室はドイツのsiemens社製SOMATOM Emotion6マルチ螺旋CT機を有し,それぞれ独立したレーザーカメラを備えており,機種はFUJIFILM Dry PIX4000, AGFA5503, KODAK8150である。PACSシステムを実装し,画像科検診のデジタル化と画像資料の全院共有を実現した。

四、プロジェクトを展開する

放射線科の現在展開する項目は:1.全身常規のレントゲン撮影;2.普通胸腹透視;3.消化管造影、食道バリウム、上部消化管バリウム、小腸バリウム、結腸ガスバリウム二重造影など;4.子宮卵管造影、静脈尿路造影、T型管造影、竇道と瘻管造影;5.排糞造影、結腸のスロー輸送試験、胃排出試験などの特殊検査;6.骨密度測定;7.乳腺モリブデン。DR機はデジタル撮影装置の一種であり、患者への照射量を減らし、撮影が早く、画像が明晰であり、病状に応じて、この画像に対して任意の明度とコントラストの調節と細かい病変の局部拡大を行うことができる。

CT室の現在展開する項目は:1.全身常規のCTスキャン;2.CT増強スキャンは、正確に被検査臓器の異なる時期の供血情況を表示でき、小さい病巣を発見し、正確に各種実質臓器病変を鑑別する;3.CTの特殊検査:例えば、CT動脈造影(CTA)、CT尿路造影(CTU)など。4、強力な処理機能を搭載し、余り平面(mpr)、曲面の復旧(でき)、表面のカバーによると(ssd)、最大密度投影(mip)および容積再現技術(vrt)など、画像をそれぞれの方向を360度回転し、全体的に観察し、大きく向上したのをct測位診断と診断の正確性と規定した。シミュレーション内視鏡、CT透視およびCT映画などの特殊機能も有する。5、CTガイド下の臨床操作:例えば脳出血錐頭蓋ドレナージ、胸腹部穿刺生検など。

以上の検査画像と診断報告は、すべてPACSシステムを通じて、全院の共有と画像資料の永久保存を実現した。

五、月の仕事量

放射線科の毎月のX線検査人数は約3000人、各種の造影検査は30人、骨密度測定は90人、モリブデン標的は10人;CT室は毎月平均的に約900人をスキャンし、10人を増強した。

六、教学の任務

映像科は毎年陝西省漢方医学院、江西漢方医学院、広西漢方医学院の大学院生と本科生の実習任務を完成し、華県病院、藍田病院、華山病院などの周辺県区病院の映像科のスタッフを受け入れ、科室で研修を受けた。県級及び以下の病院の臨床医師の育成訓練を担当する。

七、科学研究の方面

病院の臨床と協力して消化器科の「胃動霊」薬物の胃排出実験の臨床観察、「九龍カプセル」の腸動力学の臨床研究を完成した。神経内科「正天丸」による頭痛の治療の臨床観察、清熱ききょお法による脳超音波による超早期脳出血の治療の臨床観察及び実験研究などの科学研究任務である。以上の科学研究はすべて円満に完成し、期待の効果を達成した。

八、発表した論文と著作

映像科のスタッフが近年出版した著作および発表論文は以下の通り。

著作:『実用臨床画像診断図鑑—出血性脳卒中』第四軍医大学出版部。

著作「ct検査坐骨神経疾患が原因の診断の価値に対する』、『ctくも膜下腔出血に対する診断の価値』、『悪性脑膜腫のctとmri診断』、『64階建ての螺旋ctは脊椎スキャンと脊椎移転腫の応用価値』、『直腸前突然盆底構造との相関性の分析』、『中青年首性が通常のx線強硬』、『ct検査と肝細胞がんの診断(付90例の分析)』、『肺内で孤立性結節ct診断の価値』、『通腹暑い流出可能直腸滴注肝性脳症治療の効果を観察』。

症例報告:「胸部CT検査にて食道裂孔ヘルニアを発見した1例」、「胸壁続発性骨軟骨肉腫1例報告」。

映像科

2013年2月27日